破れ、ほつれはどうする?のぼり旗の修繕方法

のぼり旗は屋外で使用されることも多く、長く使用すると雨風のダメージから傷んでしまうこともあります。

もしのぼり旗がほつれたり破れたりしたら、早めの修復が必要です。

今回はのぼり旗の応急処置法についてご紹介します。

□のぼり旗はなぜ傷む?

のぼり旗は薄手の生地で摩擦に弱いため、強風に吹かれたり壁に擦れたりすると破れやほつれの原因に。

外的刺激に弱いため、日々のケアが大切になります。

のぼり旗は一度傷んでしまったら、完全な修復は難しいため買い替えるのがベター。

しかしすぐに買い替えが難しい場合は、応急処置をしてその場をしのぐ必要があります。

□のぼり旗の修復方法

のぼり旗が破れたりほつれたりした場合は、接着剤を使ってとめてしまう方法が一番簡単です。

布用ボンドや専用テープは接着力が強く使いやすいためおすすめ。

ほつれた部分に薄くのばし、アイロンをかけることで接着します。

専用の接着剤がない場合は水で薄めたボンドでも代用可能です。

□ほつれを予防する加工

のぼり旗を使用する前に加工をするとほつれにくくなります。

加工法は熱を加えて裁断することで断面を固めてほつれにくくする「ヒートカット加工」が一般的です。

さらに強化をしたい場合は、生地を縫製する「三巻縫製加工」を施すと丈夫で長持ちするようになります。

しかしコストが割高なため注意が必要です。

のぼり旗が破れたりほつれたりしたら、専用の接着剤や加工を施して対処しましょう。

傷んだら買い替えのサインのため、放置せずなるべく早めに買い替えることをおすすめします。

※オススメリンク⇒のぼり旗工房|オリジナルのぼり490円〜のぼり既製デザイン525円〜【日本全国対応】