3月
2020

のぼり旗が役立つ行事やイベントとは?集客アップ効果の秘訣は?

のぼり旗は集客や目印として行事やイベントに大活躍します。

人目を惹きつけイベントを華やかに彩るのぼり旗が活躍するシーンと、その効果を合わせてご紹介します。

※のぼり旗関連ニュース⇒弁当販売・宅配のサイト立ち上げ のぼりなど経費も補助、京都・南丹市がコロナ対策で|社会|地域のニュース|京都新聞(他サイトが開きます)

□のぼり旗が活躍する4つのシーン

①屋台イベント

お花見や祭り、ビアガーデンなど、屋台の出店で賑わうイベントはのぼり旗を有効活用しましょう。

のぼり旗は遠くからでも一目見て何が売っているかを通行人に知らせることができ、イラストを合わせることで販促効果もアップします。

風になびくのぼり旗は清涼感があり、夏のイベントに特にぴったりです。

②販売イベント

看板代わりにもなり、商品の宣伝効果が期待できるのぼり旗は販売型のイベントでも大活躍。

視認性が高く、設置も簡単なためブース前に置くことで目印の役割も果たします。

人が多く来る大型イベントでも、薄手の生地のため当たってケガをする心配もなく安心です。

③ショップの案内

飲食店や美容院、カフェなど、店頭に置いて集客を促すアイテムとしてものぼり旗は有効です。

カラーやデザインを店の雰囲気と調和させることで、より集客効果はアップします。

④セールの告知

特売品や大型セールなど、決められた日に設置して集客を促すワンポイントツールとしてのぼり旗を使用するのもいいですね。

ミニのぼりや変形のぼりなどサイズを工夫すると、狭い場所でも効率的に集客効果を発揮します。

のぼり旗はシーンに合わせた設置方法で、集客効果をアップさせましょう。

人目につきやすいデザインやサイズが集客の秘訣です。